メインイメージ画像

複数の保険と保険の掛け金の差に関するQA集

Q.多数の保険に加入した方が満足できると言う人間がいますが、本当のところどうですか。

A.確かに保険には目的別に様々なタイプの保険があります。余裕のある人は複数保険を持って大きな安心の毎日を暮らしているかも知れません。それでも、似たような保険に多数入るのは、保障が重複したり、足りる以上の保障を支払っているかも知れません。

ひとつの保険では欠けている部分を他の保険で補足するなら良いとは思いますが、同じような保険を複数欠けているのはムダだと言えます。各保険の詳しい中身をしっかりとわかるようにして、不要な保険がないかチェックするとよいです。今の自分に不可欠なものは一人一人違いますから一度きちんと再確認するのがいいのではないでしょうか。



Q.保険加入の時の年齢というのは掛け金の差にどれくらい影響して来ますか。

A.掛け金の差が発生するのは入る人の病気やけがの可能性の高さということ死亡率の高さによるので自然と若い年齢より年齢を重ねた人の方がより高額です。保険加入ということを視野に入れている人は、少しでも急いで若いうちに入ることを提案します。

誕生日の頃の加入になってくると気をつけなくてはならなくなるでしょう。保障開始までには若干時間がかかりますので保障開始の際に誕生日があると加入年齢の差で保険の支払金額にかなり差が出ますので、加入を検討しているならなるべく早く動いてムダのない契約をしたいものです。同じ程度の保険で長く支払っていくなら少しでも安い金額ですませるようにしましょう。